忍者ブログ
1:87,1:80,1:76 Scaleの「コンテナ(Container)」を中心とした、模型・ミニカーを紹介。

2017

0616

サフ吹き~塗装~デカール貼付~クリアコート「↓↓↓前」「↑↑↑後」

16番・1/80スケール「12ftコンテナ」各種。

・上段左:TOMIXのHO-3112「JR 19B形コンテナ(リニューアル)」改
・上段右:モリタのNo.1008「UT5Eコンテナ(JOT)」
・下段左:TOMIXのHO-3113「JR 19G形コンテナ」改の「12ftコンテナ(U19A-0)」
・下段右:TOMIXのHO-3113「JR 19G形コンテナ」改の「12ftコンテナ(UF18A-0)」

モリタ「12ftタンクコンテナ(日本石油輸送)」...ムズ(・3☆)
説明書通りに作ってません!タンク体パーツは上下接着~入念な継ぎ目・合わせ目消し、表面処理の後、「緑」「白」の順に塗装した。難関は、製品では省略されている「緑帯」の表現。
私は「緑」塗装の後、1mmのマスキングテープを使用し「白」を塗装、正確には「白帯」を表現した手順。マスキング~エアブラシ「塗装」による「帯」の表現は、個人的には「1mm」が限界であると痛感。実物のコンテナよりも、若干太い「緑帯」となってしまった(梯子部分の「緑帯」失念、注意!)。
(=アイズプロジェクトの2001-3「ミクロンマスキングテープ1.0mm×5M巻」とGSIクレオスのMr.カラー「GX1 光沢 クールホワイト」「GX100 光沢 スーパークリアーⅢ」とモリタのモリタ鉄道カラーNo.553「緑1号」を使用)


↓↓↓※“落書き”を助長する作品では有りません。↓↓↓

サフ吹き~塗装~デカール貼付~クリアコート「↓↓↓前」「↑↑↑後」

...完成時の重さは、38g(私の場合)!同社製、UT20Aより重い!!

実物の画像を参考に徹底的な細部の色差しを推奨!デカール保護とパーツの完全な接着を兼ね、クリアーコート。コンテナのフレーム部とタンク体の接合部のマスキングもお忘れなく!(TT)


日立製作所 水戸事業所「さつきまつり・2017」EF200-901、復元・゚・(ノД`)・゚・


…I love making "UT5E-0 Container"★

PR
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Count
Search
My profile
HN:
2062レ
性別:
男性
楽天PointClub
The weather in Tokyo
Contact
A8
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP