忍者ブログ
1:87,1:80,1:76 Scaleの「コンテナ(Container)」を中心とした、模型・ミニカーを紹介。

2017

0113

塗装工程を考慮し、タンク上部の歩行板は未接着(・・*)

・上段:自作「M4 Bituminous Distributor Module (BDM)
・下段:=C=Rail= Intermodalの「NYK Logstics 20ft Dry Box」の「20ftドライコンテナ(NYK Line)」

自作「M4 Bituminous Distributor Module (BDM)」...緑色パーツ部分以外、全て自作((●´ー`)=3
1/76スケール「M7 Forward Repair System (FRS)」に続き、新たに20ft軍用コンテナ/PLSパレットの「M4 Bituminous Distributor Module (BDM)」も自作~1/72スケールのプラモと合わせる予定。。
(1:80スケールのコンテナを1:72スケールのプラモに合わせるのは無理が有った事を教訓として)

M4 BDM(PLS Asphalt Module)は戦場で補給路(道路、港湾、飛行場)を確保する為、応急的に路面へ瀝青質(アスファルト、ギルソナイト、コールタール、ピッチ等)の吹き付けを行う装置(軍用コンテナ)。

材料は、いつも通り(evergreen scale models「プラボウ」各種と、タミヤ「プラバン」「プラ材」各種(+気合い・根気))。タンク関係のパーツにはアオシマ「陸自 3 1/2t 燃料タンク車」のパーツを改造使用。
(=エコーモデルのNo.990「糸鉛(φ0.5)5m入」とハセガワのPA21「モデリング メッシュ21(菱形・Mサイズ)」とKSモデルの「真鍮丸線 0.5mm」とwaveのオプションシステム「C・ライン(No.2 0.5mm)」「NEW C・パイプ(外径1.6mm)」とホビーベース イエローサブマリンのPPC-T52「0.14mm厚0.5mm幅 プラストライプ」とアオシマの1/72 ミリタリーモデルキット No.05「陸上自衛隊 3 1/2t 燃料タンク車」を使用)


∴参考文献:Tankograd『Brothers of HEMTT - PLS and LVS

…I love making "M4 Bituminous Distributor Module (BDM)"★

PR

2016

1111
M7 Forward Repair System01
塗装工程を考慮し、荷台パレット上の物は全て未接着(・ー・*)
M7 Forward RepairSystem 02

・上段:自作「M7 Forward Repair System (FRS)
・下段:=C=Rail= Intermodalの「P&O 20ft reefer.」の「20ftリーファーコンテナ(P&O(=Peninsular and Oriental Steam Navigation Company))」

自作「M7 Forward Repair System (FRS)」...クレーン以外、全て自作(((!^^)爻(^^!)))
1/76スケール「M1077 Flatrack(PLS)」に続き、新たに20ft軍用コンテナ/PLSパレットの「M7 Forward Repair System(FRS)」も自作~1/72スケールのプラモと合わせる予定。。
(1/80スケールのコンテナを1/72スケールのプラモに合わせるのは無理が有った事を教訓として)
材料は、いつも通り(evergreen scale models「プラボウ」各種と、タミヤ「プラバン」「プラ材」各種(+気合い・根気))。。
(=ハセガワのPA21「モデリング メッシュ21(菱形・Mサイズ)」とwaveの「プラ=パイプ【グレー】(5.0・7.5mm)」とACADEMYの「1/72 U.S. M977 8×8 CARGO TRUCK」を使用)


∴参考文献:Tankograd『Brothers of HEMTT - PLS and LVS

…I love making "M7 Forward Repair System (FRS)"★

2016

0909

v('ω'*v)M1077、私の最も好きなコンテナです(v*'ω')v

・上段:自作「M1077 Flatrack(PLS)」
・下段:=C=Rail= Intermodalの「APL 20ft x 8ft 6" Drybox」の「20ftドライコンテナ(APL(=American President Lines Limited))」

自作「M1077 Flatrack(PLS)」...100%自作(((;^^)爻(^^;)))
1/80スケールでは自作済みの「M1077 Flatrack(PLS)」を、国際的に世界的に通用する1/76スケールで自作~1/72スケールのプラモと合わせる予定。。
(1/80スケールのコンテナを1/72スケールの模型に合わせるのは無理が有った事を教訓として)
材料は、いつも通り(evergreen scale models「プラボウ」各種と、タミヤ「プラバン」「プラ材」各種(+気合い・根気))。
(=アイコムのSK7「ホビーキーチェーンA 大・中セット」とKSモデルの「真鍮丸線 0.5mm」とwaveのオプションシステム「C・ライン(No.2 0.5mm)」を使用)


∴...「M1077 Flatrack」ならぬ「LN1077 Flatrack」?!H24年度 防衛省概算要求「陸自・特殊トラック(PLS付)」付属のパレットは、その後???

…I love making "M1077 Flatrack"★

2016

0219

サフ吹き~塗装「↓↓↓前」「↑↑↑後」

・上段:フルスクラッチ「ラック貨物コンテナ
・下段:フルスクラッチ「40ft海上コンテナ(クンロク)

続・全国通運の「ラック貨物コンテナ(40フィートラックコンテナ)」のフルスクラッチ!!

…完成でいいかなぁ(v_v)3~4年放置中。。

工作の要点は兎に角、プラバンを切り出す前に資料を詳細に参照~各部を採寸し、しっかり方眼紙に1/80の図面を書く事に尽きる(参考:ラック貨物コンテナ(40フィートラックコンテナ/特許番号:4866105))。
プラ角材は、evergreen scale modelsの「I鋼」「H鋼」「スクエアパイプ」で適応サイズの物が存在する。プラバン等の経年劣化による、コンテナ反り返り防止策を検討中。。



アンカー方式(12ft)の緊締装置には、TOMIXのコンテナ緊締装置“トミックスコンテナ搭載用固定爪システム”のA・Cタイプを改造使用。1/80スケールの各社JR12ftコンテナならば、何でも積載可能!尚、ラック貨物コンテナのコンテナ緊締装置は、アンカー方式とツイストロック式の選択式である。
(=GSIクレオスの「みるきぃぱすてるカラーセット グリーンVer.(CP04 ターコイズグリーン)」を使用)



JR12ftコンテナ3個積載「↑↑↑前」「↓↓↓後」

TOMIXのHO-722「JR貨車 コキ200形(コンテナなし)」への積載!
韓国鉄道公社(KORAIL)釜山鎮~儀旺ICD間での鉄道輸送形態を日本で再現的な...)

...2016年現在、ラック貨物コンテナは稼働しているのでろうか?
2007年に開始された「日韓RAIL-SEA-RAIL(レールシーレール)サービス」や、2011年の東日本大震災で石巻線が不通となった際に石巻の製紙工場~仙台貨物ターミナル駅相互間のトラック代行輸送での使用は把握。。
(=鉄道貨物協会「マンスリーかもつ 2007年05月号(Vol.57)」7-9頁、参照)

1/150スケールでの製作は困難であろう。次のフルスクラッチ・コンテナは未定!気力が┐('ε')┌


いかにも、複雑構造の高価な台車に見える。特殊な貨車は台車回しが大変そ。折角、原則的に車扱輸送は止めたのに、また車扱に接近している気が(-Д-\)=3


…"40ftラックコンテナ"★LOVE!!

アダルトグッズのNLS

2013

0802

16番・16.5mmゲージ・1/80スケールで、全国通運の「ラック貨物コンテナ(40フィートラックコンテナ)」のフルスクラッチを開始!!

選択理由としては、「1/80スケールならば、作れる」と思った為(1/150スケールでは困難!)。
40ftコンテナの長さの算定は、単純明快。ズバリ、JR20ftコンテナ*2本分!!
全国通運「ラック貨物コンテナ(40フィートラックコンテナ/特許番号:4866105)」の概要
astamuse.com/ja/granted/JP/No/4866105
www.zentsu.co.jp/service/tetsudo/kokusai.html

材料は、いつも通り(evergreen scale models「プラボウ」各種と、タミヤ「プラバン」「プラ材」各種(+気合い・根気))。


∴ 強靭な精神力、忍耐力の錬成、ヤル気って大事だなぁ。


…"40フィートラックコンテナ"★LOVE!!

2013

0329

...続・16番・1/80スケールで「M1077 Flatrack(PLS)」のフルスクラッチ!!

TOMIXのHO-722「JR貨車 コキ200形(コンテナなし)」への積載!
(LHS荷役ではなく、一般的なフォークリフト荷役で日本型コンテナ貨車へ積載されたと仮定)

ベトナム戦争において、初めて兵站に浸透したコンテナリゼーションが、こういった大型汎用パレットにも定着するとは、恐るべし米軍の進化(最適化・効率化)。
(M1077自体が隅金具とフォークポケットを装備した「20'コンテナ」である)
事故や犠牲、失敗を必ず教訓として、フィードバックし進化を遂げる米軍。
今の日本はこういった前向きな姿勢が、顕著に欠如しているのだと思う...左右とかではなく。


日本国内の重量規制/道路法(車両制限令)をクリアする、20ft=JR-30A container+M1077 FlatrackのHEMTT LHS (Load Handling System)での荷役シーン!!
tridentの81010「M1074 PLS Wechselladefahrzeug Palleted Load System(1/87スケール=HO)」を使用)


オーストリアの1/87・ミリタリーガレキメーカー「trident/トライデント」のAFVと、「Revolution factory(IZUMIYA)/レボリューションファクトリー」のISO20ftコンテナとの組合せ!


∴ 日本には流通していない海上コンテナ各種を、日本型コンテナ貨車に積載する事により、国内におけるコンテナ輸送・コンテナリゼーション・インターモーダルの可能性を、模型にて表現して行きたい次第です!


↑M1077の隅金具とフォークポケットに注目↑

↑更に、積み重ね回送が可能とは参りました、米軍様m(__;)m↑


…"PLS"★LOVE!!

2013

0215

20ft container type 30A:www.jrfreight.co.jp/

...続・16番・1/80スケールで「M1077 Flatrack(PLS)」のフルスクラッチ!!

16番・1/80スケール「20ftコンテナ」各種。

・上段:自作「M1077 Flatrack(PLS)」
・下段:TOMIXのHO-3103「JR 30A形コンテナ(赤色)」改

自作「M1077 Flatrack(PLS)」...完成G(o^^o)d job♪
「M1077 Flatrack(PLS=Palletized Load System)」、その最大の魅力は、当パレット自体が隅金具とフォークポケットを装備した「20ftコンテナ」である点に尽きる...という事は、日本型コンテナ貨車にも積載可能、というカラクリ(妄想)。


本来の「M1077 Flatrack(PLS)」の使用方!HEMTT LHS (Load Handling System)での荷役シーン!!
tridentの81010「M1074 PLS Wechselladefahrzeug Palleted Load System(1/87スケール=HO)」を使用)


オーストリアの1/87・ミリタリーガレキメーカー「trident/トライデント」、マニアックなAFVレジンキットが勢揃いで非常に素晴らしい!!


※「M1077 Flatrack(PLS=Palletized Load System)」=「20ft Container」!







…"M1077 Flatrack(PLS)"★LOVE!!

2013

0111



...16番・1/80スケールで「M1077 Flatrack(PLS)」のフルスクラッチを開始!!

16番・1/80スケール「20ftコンテナ」各種。

・上段:自作「M1077 Flatrack(PLS)」
・下段:TOMIXのHO-3103「JR 30A形コンテナ(赤色)」改

自作「M1077 Flatrack(PLS)」...100%自作(((*^^)爻(^^*)))
材料は、いつも通り(evergreen scale models「プラボウ」各種と、タミヤ「プラバン」「プラ材」各種(+気合い・根気))。
その他、アイコムのSK7「ホビーキーチェーンA 大・中セット」やKSモデルの「真鍮丸線 0.5mm」、waveのオプションシステム「C・ライン(No.2 0.5mm)」等々。


∴自作理由…
…日本型「M1077 Flatrack(PLS)」の登場を予期(先取り)して。


※「M1077 Flatrack(PLS=Palletized Load System)」=「20' Container」!


…"M1077"★LOVE!!

2012

1130

UR18A積載「↓↓↓前」「↑↑↑後」


16番・1/80スケール「20ftコンテナ」各種(続・自作「1/80スケール・ISO規格『20ftラックコンテナ』」)!!

…やっと完成(v_v)2年経過。
http://srf.blog.shinobi.jp/Entry/239/

依然、正体不明なコンテナ…JR「12ftコンテナ」をISO「20ftコンテナ」化する為のアダプター・コンテナ??
材料として、evergreen scale models「プラボウ」の「平棒」の他に「アングル」を多用している点がコダワリ!


∴1/150スケール(N)では自作再現不可能でしょ~ミ^_^ミ


…"UR18A-11821? Container"★LOVE!

2012

0720

続・16番・16.5mmゲージ・1/80スケールで「40ft海上コンテナ(ハイキューブ)」のフルスクラッチ!!

TOMIXのHO-718「JR貨車 コキ106形(グレー・コンテナなし)」への積載!
(ナウい、積み付けパターン(ISO40ft+12ft)!)
最近では東海道・山陽においても時折、8'-06"限定でISO40ftやISO40ft+12ftの単発輸送を見掛けるようになった。


∴8074レ・8075レは面白い(http://youtu.be/dLQdqCic1no)。


…"40'HCD"★LOVE!!

2012

0705

続・16番・16.5mmゲージ・1/80スケールで「40ft LNG タンクコンテナ」のフルスクラッチ!!

TOMIXのHO-722「JR貨車 コキ200形(コンテナなし)」への積載!

…日本には流通していない海上コンテナ各種を、日本型コンテナ貨車に積載する事により、国内におけるコンテナ輸送・コンテナリゼーション・インターモーダルの可能性を、模型にて表現して行きたい次第です!


∴このタンクコンテナは中国国内で流通しているらしい...強度不足?危険?怖いf ^_^;
(40ftだから、日本型コンテナ貨車にも事実上載せられるネ、というカラクリ(妄想))


…"LNG Tank Container"★LOVE!!

2012

0623

続・16番・16.5mmゲージ・1/80スケールで「20ft タンクコンテナ」のフルスクラッチ!!

TOMIXのHO-722「JR貨車 コキ200形(コンテナなし)」への積載!
(タンク体がピカピカ過ぎて、貨車・赤色が映り込み!)

タンク体の垂直ストライプには、グッドスマイルレーシングのMSS-28「GSRカラーデカール(シャインシルバー)」の1.2mmを加工し、使用。
http://bit.ly/w8yii9

ホース部は、エコーモデルのNo.990「糸鉛(φ0.5)5m入」を加工し、使用…クネクネ曲がってくれるので、楽。

奥の20ftは、TOMIXのHO-3103「JR 30A形コンテナ(赤色)」改。


∴16番・1/80スケールの「タンクコンテナ」は、自分で作ろう!気合いで!


…"Eurotainer Tank Container"★LOVE!!

2012

0524

続・16番・16.5mmゲージ・1/80スケールで「40ft海上コンテナ(ハイキューブ)」のフルスクラッチ!!

…やっと完成(v_v)1年経過…http://bit.ly/LsSp5T

デカールはドイツ製(1/87)のモノを使用(=スケール違和感無し)!

最大の難関で忍耐力を要する、妻扉側の工作さえクリアすれば、40'コンテナは容易にフルスクラッチ・自作可能。

evergreen scale models「プラボウ」「プラシート」各種は兎に角、柔らかい為、側面の内方への歪み対策をしっかり講じなければ、短期間で歪曲してしまいます。


∴これでMAERSK 40'、3スケールをコンプリート!
(1:76・1:80・1:87スケールの3種類)


…"40ft High Cube Container"★LOVE!!

2012

0519

続・16番・16.5mmゲージ・1/80スケールで「40ft LNG タンクコンテナ」のフルスクラッチ!!

…やっと完成p(^.^)q「LNG」の印字に、最も苦悩。

いくら探しても、アルファベット(大文字・赤色)のインスタントレタリングやカラーデカールが見つからない(>_<)

自作デカールでは余白透明部分が目立ち過ぎ、マスキングテープに文字を印刷して切り出すも上手くいかず...最終的にはキングジムの「テプラ」で解決!

硬めのテープでサイズ微調整の利く「テプラ」で「LNG」の文字を印字、デザインナイフで切り出し、マスキング・ステンシルとして使用、上から赤を吹き付けた次第。

曲面であるタンク体への定着が必須条件でした(金属製ステンシルでは不可)。その他表記類のデカールは、ドイツ製(1/87)のモノを使用!


∴このタンクコンテナは中国で流通しているらしい...強度不足?危険?怖いf ^_^;
(40ftだから、日本型貨車にも事実上載せられるネ、というカラクリ(妄想))


…"40' LNG Tank Container"★LOVE!!

2012

0511

続・16番・16.5mmゲージ・1/80スケールで「20ft タンクコンテナ」のフルスクラッチ!!

…やっと完成p(^0^)q

「メッキシルバー NEXT」は素晴らしいメッキ調の金属光沢!しかし、デカール保護の為のクリアーコートで、その威力が削ぎ落されてしまった。
(=GSIクレオスのMr.カラーGX「GX100 光沢 スーパークリアーⅢ」を使用)
デカールはドイツ製(1/87)のモノ(=品質が非常に素晴らしい!)を使用(=スケール違和感無し)!

コンテナ上部・歩行板には、ハセガワのPA21「モデリング メッシュ21(菱形・Mサイズ)」と、ホビーベース イエローサブマリンの「0.14mm厚0.5mm幅 プラストライプ」を加工し、使用。

ホース部は、エコーモデルのNo.990「糸鉛(φ0.5)5m入」を加工し、使用…クネクネ曲がってくれるので、楽。

…全体的に、こちらも結構な根気・工作でした。タンク体の「丸型の木材」の寸法通りの切断が、最も難しかったです。

下段は、TOMIXのHO-3103「JR 30A形コンテナ(赤色)」改。
(※通常、JRコンテナの上に海コンを載せる事はありません…重量違い)


∴16番・1/80スケールの「タンクコンテナ」は、自分で作ろう!根気で!


…"Eurotainer 20ft Tank Container"★LOVE!!

Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Count
Search
My profile
HN:
2062レ
性別:
男性
Contact
楽天スーパーポイント
The weather in Tokyo
平成防人乃図

J-WAVE

忍者ブログ [PR]
* Template by TMP